【フランス】ロワール渓谷の古城群の中でも屈指の名城「シュノンソー城」

概要

ここロワール渓谷には300を超える美しい古城群があり、2000年に280kmにわたる流域が「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」として世界遺産に登録されました。

ロワール渓谷中部に建つロワールの古城群を代表する屈指の名城「シュノンソー城」。16世紀に古い製粉所跡地に建てられて以来、その城主が代々、女性だったことから「6人の女の城」の異名があります。

The Chateau de Chenonceau, France. This castle is located near the small village of Chenonceaux in the Loire Valley, was built in the 15-16 centuries and is a tourist attraction.
確かに女性好みの美しいお城ですね。

「6人の女の城」シュノンソー城の起源

シェール川を跨ぐように築かれたこの優美な城館は、シャルル8世の侍従であったトマ・ポイエが、自身が買い取った領主の館を取り壊し,、1521年に建設し、国王に献上したのが始まりです。その後、約400年間、6代にわたる城主が全て女性出あったことから、別名「6人の女の城」と呼ばれるようになりました。

愛妾「ディアーヌ・ド・ポワチエ」と本妻「カトリーヌ・ド・メディシス」城のイメージを作り出した2人の女

アンリ2世の愛妾「ディアーヌ・ド・ポワチエ」はこの城に本格的な庭園と、シェール川に架かるアーチ形の橋を造りました。

永遠の美女とうたわれたディアーヌ・ド・ポワチエ

しかし、アンリ2世の死後、本妻のカトリーヌ・ド・メディシスがディアーヌを追放して自らが城主となり、川に架かる橋の上のギャラリーや庭園を増築して城のイメージを一新しました。

CHENONCEAUX, FRANCE – OCTOBER 8, 2018: Chateau de Chenonceau, Chenonceaux, France
上空から撮影したシュノンソー城。
マルクの塔側がカトリーヌ・ド・メディシスの庭園、反対側がディアーヌ・ド・ポワチエの庭園。

白と黒のタイル張りの床と美しい梁天井を持つギャラリーは、当時、華麗な舞踏会の舞台になったといいます。

美術館に匹敵するほどのコレクションは見ごたえ十分です。

CHENONCEAU, FRANCE – SEPTEMBER 14, 2018: Chateau de Chenonceau interior, french castle near Chenonceaux village, Loire valley in France
CHENONCEAU, FRANCE – SEPTEMBER 14, 2018: Chateau de Chenonceau interior, french castle near Chenonceaux village, Loire valley in France

地図

アクセス

パリからトゥール経由でシュノンソー駅まで列車で約1時間半、駅から徒歩2分。

ベストシーズン

6月〜8月

関連記事

  1. 【フランス】フランスに残る最古の要塞「アンジェ城」ヨハネの黙示録

  2. 【ドイツ】19世紀の貴族が抱いた中世騎士物語への憧れから生まれた絶壁にそびえる美しい「妖精の城」リヒテンシュタイン城

  3. 【デンマーク】シェイクスピアの戯曲の舞台「クロンボー城」

  4. 【ドイツ】ルイードヴィヒ2世の父、バイエルン国王マクシミリアン2世によって改築された高台に建つ黄色いお城「ホーウェンシュヴァンガウ城」

  5. 【フランス】フランス・ルネサンスの象徴 多くの芸術家や知識人ゆかりの優雅なお城「アンボワーズ城」

  6. 【イギリス】アイリーン・ドナン城〜スコットランドで最も美しいお城〜