【フランス】フランス・ルネサンスの象徴 多くの芸術家や知識人ゆかりの優雅なお城「アンボワーズ城」

概要

ここロワール渓谷には300を超える美しい古城群があり、2000年に280kmにわたる流域が「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」として世界遺産に登録された。

アンボワーズ城は、フランスのロワール渓谷、アンドル=エ=ロワール県のアンボワーズにある城。シャルル7世、ルイ11世、シャルル8世、フランソワ1世らヴァロワ朝の国王が過ごし、フランス・ルネサンス文明開化の拠点となった。

アンボワーズ城の起源

この城の歴史は古く、起源は紀元前、古代ローマ帝国による支配を受けていたガロ・ローマン時代の砦に始まる。

中世になると、ロワール川を見渡す丘の麓から、地理的にも重要な浅瀬を統制するために、その跡地に城が築かれ、さらに、アンジュー伯フルク3世により、石造りの要塞が造られた。

フランスヴァロワ朝 フランス・ルネサンス文明開化のお城

この城が別の意味で有名になったのは、15世紀末〜16世紀末にかけてのこと。

ヴァロワ朝のフランス王、シャルル8世やフランソワ1世の時代に王家の居城になると、城は改装され最盛期を迎えた。

イタリア遠征を行なったシャルル8世はその優れた芸術と文化に傾倒し、家具や美術品などと共に建築家や彫刻家、造園家などを連れ帰り、アンボワーズ城の改築を行わせた。

これは後のフランソワ1世らにも引き継がれ、フランス・ルネサンス文化が開花することになった。

レオナルド・ダヴィンチの人生の最後の住居「クロ・リュセ」

世界的に有名な芸術家の一人であるレオナルド・ダヴィンチもフランソワ1世によって、アンボワーズ城に招かれ、すぐ近くのクロ・リュセを住まいとした。彼の死後は、本人の意思により、アンボワーズ城に隣接する礼拝堂に葬られたという。

Clos Luce in Amboise. Leonardo da Vinci lived here for the last three years of his life.
アンボワーズのクロ ・ ルーチェ。レオナルド・ダヴィンチは人生最後の 3 年間ここに住んでいた。
AMBOISE, FRANCE : Clos Luce is a Leonardo da Vinci museum in Amboise, France. It is the official residence of Leonardo da Vinci for the last three years of his life, until his death there on 2 May 1519
クロ ・ ルーチェ、アンボワーズ, フランスの レオナルド・ダヴィンチ博物館

地図

アクセス

パリからアンボワーズ駅までTGVで約1時間半、駅から車で約3分。



関連記事

  1. 【ドイツ】19世紀の貴族が抱いた中世騎士物語への憧れから生まれた絶壁にそびえる美しい「妖精の城」リヒテンシュタイン城

  2. 【デンマーク】スカンジナビア諸国最大のルネサンス建築、湖上に浮かぶデンマーク随一の美城「フレデリクスボー城」

  3. 【ドイツ】ザクセンの栄華を伝えるモーリッツブルク城。貴族たちの華やかな舞台。

  4. 【フランス】ロワール渓谷の古城群の中でも屈指の名城「シュノンソー城」

  5. 【ウクライナ】ウクライナ南部、雄大な黒海に映えるヤルタ随一の白亜の絶壁の城 スワローズ・ネスト

  6. 【ルーマニア】ルーマニア国内随一の美しさを誇る「ペレシュ城」。ルーマニア初代国王が築いた華麗な夏の離宮