【フランス】アンドル川にきらめくダイヤモンド「アゼ・ル・リドー城」

ロワール渓谷の古城群の一つ「アゼ・ル・リドー城」

フランス北西部を流れるロワール川。その流域には歴史上の重要都市が点在し、フランス王家の華やかな宮廷文化が育まれてきた。

ここには300を超える美しい古城群があり、2000年に280kmにわたる流域が世界遺産に登録された。

その中でも比較的小ぶりなアゼ・ル・リドー城。ロワール側の支流であるアンドル川の中洲に建つ。

アンドル川 (Indre) は、フランス中部を流れる川であり、ロワール川の支流である。水源はシェール県のプレヴランジュ近郊。アヴォワーヌの北方、シノンの原子力発電所付近でロワール川に合流する。 アンドル県とアンドル=エ=ロワール県の語源である。

文豪バルサックも讃えた「アンドル川にきらめくダイヤモンド」

その姿が水面に映る様は、まるで絵画のような美しさである。

初期フランス・ルネサンス様式が取り入れられた華麗な城は、フランスの文豪バルザックも「アンドル川にきらめくダイヤモンド」と讃えたという。

城がある場所には、もともと12世紀初頭に建設された城塞があったが、14〜15世紀にフランス・イングランド間で起こった百年戦争の際に消失し、

その後、1514〜1528年にかけて、フランソワ1世の統治下で徴税官兼トゥール市長を務めていたジル・ベルトロがかつての城を基礎に築城を始めた。実際には彼の妻フイリップ・レスバイが、築城工事の指揮をしたため、全体に女性的な優雅さが漂っている。

しかし、1528年、ジル・ベルトロが横領の罪に問われて、城は未完成のまま王に没収された。

以降、城主を変えながら幾度も増改築が繰り返され、1905年に国有となって内装が一新され、現在はルネサンス期のコレクションが展示されており、各時代の各城主が残した貴重な調度品は、一見の価値がある。

アゼ・ル・リドー城の内装の様子

アクセス

パリからトゥール駅までTGVで約1時間、駅から車で約30分。

開館時間

4〜6月、9月:9:30〜18:00
7〜8月:9:30〜19:00
10〜3月:10:00〜12:00/14:00〜18:30

関連記事

  1. 【リトアニア】湖上の小さな赤煉瓦のトラカイ島城が物語るリトアニアの激動の歴史 リトアニア国内随一の観光地

  2. 【ドイツ】ザクセンの栄華を伝えるモーリッツブルク城。貴族たちの華やかな舞台。

  3. 【ドイツ】ドイツ皇帝を輩出した名家ホーエンツォレルン家が築いた標高約900mの山頂に建つ「天空の城」ホーエンツォレルン城。

  4. 【ドイツ】19世紀の貴族が抱いた中世騎士物語への憧れから生まれた絶壁にそびえる美しい「妖精の城」リヒテンシュタイン城

  5. 【ルーマニア】ルーマニア国内随一の美しさを誇る「ペレシュ城」。ルーマニア初代国王が築いた華麗な夏の離宮

  6. 【フランス】ロワール渓谷の古城群の中でも屈指の名城「シュノンソー城」