【ルーマニア】ルーマニア国内随一の美しさを誇る「ペレシュ城」。ルーマニア初代国王が築いた華麗な夏の離宮

壮大な山々が連なるカルパチア山脈の麓、標高約800mの山岳地帯に広がる都市シナイア。18世紀にはブカレストの王侯貴族の別荘地として栄え、『カルパチアの真珠』の愛称をもつこの都市は、現在は、夏は避暑地、冬はスキーリーゾートとしてルーマニア国内随一のリゾートとして知られています。

この街のシンボルとなっているペレシュ城は、ルーマニア初代国王カロル1世の指揮の下、王室の夏の離宮として1875年に着工され、増築を重ねて1914年に完成しました。

建設には王室の自己資金が投入されて、その総額は日本円でおよそ120億円にも及ぶと言います。

様々な要素が混在するこのお城は、ドイツ・ルネサンス様式と呼ばれるルネサンス、バロック、ロココ、それぞれの特徴を取り入れた建築様式で築かれています。

お城の至るところに施された彫刻は大変緻密で美しく、重厚な空間を演出しています。こうした優美な作りから、ルーマニア随一の壮麗な城と称されています。

PELES/ROMANIA,Carpathian mountains – August 2017: Interior of Peles Castle (Castelul Peles), Romania

現在、ペシュレ城は博物館として一般公開されており、宮殿内の160余りの部屋には、カロル1世が収集した絵画、彫刻、陶磁器、宝飾品、武具などが展示されています。

ペシュレ城の前には、建国の父として今も国民に崇敬されているカロル1世の銅像を見ることができます。

関連記事

  1. 【ドイツ】19世紀の貴族が抱いた中世騎士物語への憧れから生まれた絶壁にそびえる美しい「妖精の城」リヒテンシュタイン城

  2. 【デンマーク】シェイクスピアの戯曲の舞台「クロンボー城」

  3. 【ドイツ】ドイツ皇帝を輩出した名家ホーエンツォレルン家が築いた標高約900mの山頂に建つ「天空の城」ホーエンツォレルン城。

  4. 【ウクライナ】ウクライナ南部、雄大な黒海に映えるヤルタ随一の白亜の絶壁の城 スワローズ・ネスト

  5. 【ドイツ】「帝国の城」の異名 おとぎ話の街並みを一望するコッヘム・ライヒスブルク城

  6. 【スイス】レマン湖のほとりに建つロマンチックな古城シヨン城