【オランダ】オランダで最も大きく、最も美しいと称される「デ・ハール城」

【デ・ハール城の歴史】

現在の城の場所にある建物の最も古い歴史的記録は1391年にまで遡ります。この年、デハール家は城と周辺の土地をヘンドリックヴァンウールデンから領土として受け取りました。この時に建てられた城は、1440年まで最後の男子相続人が子どもを亡くしたときまで、デハール家の所有物でした。その後、城はファン・ザウレン家に引き継がれました。1482年、軍事機能を持たない部分を除いて、城は焼失し、壁は取り壊されました。城は1506年からスティーブン・ファン・ザウレンの所有物の目録で言及されており、1536年から再びユトレヒト州の領土のリストで言及されています。1641年、ヨハン・ファン・ザウレン・ファン・デ・ハールが子供を亡くした後、城は徐々に廃墟となっていきました。

デ・ハール城を所有していたファン・ザウレン家は17世紀初期に南オランダ(現ベルギー)に移住しました。これは北オランダが主にプロテスタント地域になり、ファン・ザウレン家のようなカトリック系貴族は、もはや重要な立場に立てなくなってしまったからでした。

その後、約200年にわたって放置されていたデ・ハール城ですが、1890年、南オランダ系の子孫、エチエンヌ・ファン・ザウレン・ファン・ナイエフェルト男爵が、この一時は栄光を放った城を継承することになりました。

男爵は非常に富裕なエレーヌ・ド・ロスチャイルドと結婚しており、妻の実家のロスチャイルド家の後ろ盾を得て、多大な費用も労力も惜しまず1892年から1912年まで20年もかけて城を再建しました。

【デ・ハール城への行き方・アクセス】

ユトレヒトセントラル駅からフレウテン駅まで列車で約10分、駅から「カステール前」までバスで約20分、バス停から徒歩約15分。

【ベストシーズン・季節】

5月〜10月

関連記事

  1. 【リトアニア】湖上の小さな赤煉瓦のトラカイ島城が物語るリトアニアの激動の歴史 リトアニア国内随一の観光地

  2. 【ドイツ】ザクセンの栄華を伝えるモーリッツブルク城。貴族たちの華やかな舞台。

  3. 【フランス】ロワール渓谷の古城群の中でも屈指の名城「シュノンソー城」

  4. 【フランス】フランスに残る最古の要塞「アンジェ城」ヨハネの黙示録

  5. 【デンマーク】スカンジナビア諸国最大のルネサンス建築、湖上に浮かぶデンマーク随一の美城「フレデリクスボー城」

  6. 【イギリス】アイリーン・ドナン城〜スコットランドで最も美しいお城〜